睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。
「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義されています。
この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の現状

「無呼吸=息が出来ない」ので死んでしまうのではないか?と思われがちですが、実は、この無呼吸自体で、死んでしまうことはありません。

むしろ、無呼吸がつづくことで体に負荷がかかり生活習慣病(高血圧や心疾患など)になることや、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故)に関係するため、ご本人だけでなく社会的にも問題となることも有り得ます。

SASはしっかり治療すると無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。この疾患はなにも特殊な疾患ではありません。

有病率は人口の4%と言われており、日本には200万人いると言われています。

しかし、なかなか気がつきにくい、いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしいと言う理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状/徴候

症状:いびき・日中の眠気・起床時の頭痛・熟睡感の消失・インポテンツ(ED)夜間頻尿など
徴候:肥満・高血圧・不正脈・浮腫・糖尿病

当院にて、御相談承っております。
お気軽に御相談下さい。